減災デザイン & プランニング・コンペ2017

header design

減災のアイディアを、社会に発信しよう!

開催要旨

「減災」とは、避けることのできない自然災害に対し、その被害をできるだけ少なくするための備えという考え方です。

私たちの日常が、突如非日常に変わる。誰もがその可能性の中にあります。災害を経験し、それを克服する中で、私たちは学びを蓄積し、次の避けられないその時に備えていくべきでしょう。そのためにデザインには何ができるのか―。プロダクト、グラフィック、建築、まちづくり、コミュニケーションなど・・・カテゴリーを超え、「減災」に向けたデザインやプランニングを募集します。

このコンペでは提案成果に到達するために、災害の経験値やその蓄積された情報等から何を学び、どんな視点・課題に気付いたかも、成果としてのデザイン提案と共に大切と考えます。またこれらの思考の過程と成果は、できるだけ多くの人に共有されることが大切と考え、成果を広く発信し、社会の減災s力の向上のために寄与することを目指します。


2017 テーマ

災害からの学びを活かす

これまでの災害の経験やその蓄積された情報から重要と考えるテーマを抽出してください。(提案者自身の被災経験の有無は問いません。)そのテーマについて、あなたが何を学び何が大切だと考えたのかを整理してください。そしてこれからの社会の減災力の向上のために、そのテーマを捉えたデザイン、プランニング、アイディア等を提案してください。あなたが捉えたテーマと提案は、その学びを多くの人に共有していただくことを願い、社会に発信します。


減災 × デザイン

 「減災」とは…?災害への対策を表す「防災」に並ぶ新しい言葉として、近年使われるようになった概念です。決して抑止できない自然の猛威。しかしそこから私たちの被る被害を最小限に止めるためにできることは多様にあります。そうしたあらゆる工夫や行動を示している言葉でもあります。この考えを追求すると、自然災害は、いざ起こった時の対処ばかりでなく、日頃から私たちが普段の生活にどのようなことを取り入れておくことが効果的なのかを考えることの大切さが浮かび上がります。「減災」についての詳しくは、当ウェブサイトや一般情報でもご確認ください。

当コンペティションは芸術工学会が主催しています。